ゆき丸の鉄道日記

鉄道旅行や雑記を綴ります。

宮崎海岸2

10月20日(火)は富山県朝日町にある「宮崎海岸」に行ってきました。

 

休みの日に天気が良く、気温もちょうどいいと、お出かけしたくなります。

 

自宅から1時間ぐらいで行けてしまいますから、散歩と旅行の間ぐらいな気分です。

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129113835j:plain

f:id:yukimaru192:20201129114222j:plain

あいの風とやま鉄道の越中宮崎駅で下車。

 

無人駅ですが、交通系ICカードが使えます。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129114404j:plain

f:id:yukimaru192:20201129114432j:plain

2年ぶりの宮崎海岸。

 

あの時は駅前の交流施設「ヒスイテラス」の開業式が開かれ、露店が並んでいたのを覚えています。

 

宮崎海岸 - ゆき丸の鉄道日記 (hatenablog.com)

 

あれから2年、すっかり宮崎海岸の景色に板がついてきたように思います。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129115426j:plain

f:id:yukimaru192:20201129115454j:plain

f:id:yukimaru192:20201129115537j:plain

中は吹き抜けの構造をもち、窓ガラスを張りめぐらせてあるため、採光はじゅうぶんです。

 

感染対策で入り口のドアは開けっ放しですが、誰もいないので、かえって寂しさが漂っています。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129115923j:plain

f:id:yukimaru192:20201129115946j:plain

翡翠(ひすい)が展示されています。

 

翡翠は隣の糸魚川でとれますが、おこぼれ的な物が宮崎海岸にも漂着するそうです。

 

私はこれまで数回ここに来ていますが、素人のため、いまだに普通の石との区別がつきません。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129120334j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120359j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120425j:plain

屋上は展望台です。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129120557j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120628j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120657j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120723j:plain

f:id:yukimaru192:20201129120750j:plain

ヒスイテラスから砂浜に出てみます。

 

砂浜といっても、波打ち際に近づくにつれ、石ころが多くなります。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129121726j:plain

f:id:yukimaru192:20201129121821j:plain

f:id:yukimaru192:20201129121850j:plain

天気こそ良いものの、この日も風が強くて堪らないので、砂浜から離れます。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129122026j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122122j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122149j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122217j:plain

宮崎海岸にはキャンプ場も整備さrています。

 

大小のコテージが建てられていて、予算や目的に応じて泊まれるようになっています。

 

例年、夏には多くの観光客で賑わっていますが、今年はどうだったのでしょう?

 

なお、友人が一度ここに泊まったことがあるのですが、夜中に裏側にあるあいの風線から貨物列車が通るため、あまり眠れなかったとのことでした。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201129122737j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122802j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122831j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122900j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122925j:plain

f:id:yukimaru192:20201129122953j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123017j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123046j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123109j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123139j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123209j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123235j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123305j:plain

f:id:yukimaru192:20201129123333j:plain

1時間程滞在し、十分リフレッシュできました。(終わり)

三陸鉄道旅行(エピローグ)

12時27分に仙台駅に着き、大宮方面に向かう新幹線の出発まで1時間程ありましたので、ここで昼食です。

 

あまり腹は空いていないので、ボリュームはそこそこで、でもできるなら地元(東北)の食材を使い、さらにあまり混んでいない・・・、とうるさい条件を課した結果、ホットサンドのお店でとることになりました。

 

ハムとチーズ、サラダが挟まれたホットサンドに、付け合わせとしてジャーマンポテト

 

それにコーヒーをいただいて、ゆったりと過ごすことができました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201127112759j:plain

腹がくちたところで、新幹線の改札口へ。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201127112846j:plain

はやぶさ22号」に乗車。

 

平日の昼間なので、車内は空いていました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201127113010j:plain

f:id:yukimaru192:20201127113039j:plain

f:id:yukimaru192:20201127113107j:plain

f:id:yukimaru192:20201127113134j:plain

f:id:yukimaru192:20201127113209j:plain

f:id:yukimaru192:20201127113234j:plain

福島県に入ると晴れ間がのぞき、しかし栃木県で再び雲に覆われました。

 

14時38分、大宮駅で北陸新幹線に乗り換え。

 

14時50分発の「はくたか567号」で富山に帰りました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201127114425j:plain

今回の旅行で、三陸鉄道(旧JR山田線区間)は完乗です。

 

天気はイマイチ恵まれなかったけど、陸前高田できれいな景色を堪能でき、さらに1泊目で「Go to」による割引という思いがけないサービスも受けられましたから、よかったですね。

 

残りは沖縄県沖縄都市モノレールゆいレール]の首里から手だこ浦西までの区間と、熊本県豊肥本線肥後大津から阿蘇までの区間です。

 

早いうちに手をつけたいところですが、状況が許されるかどうか。。。(終わり)

東北本線(一ノ関~仙台)

f:id:yukimaru192:20201122154229j:plain

一ノ関駅大船渡線から東北本線に乗り換えます。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122154330j:plain

10時39分発、小牛田行きは2両編成のワンマン電車。

 

そして、何気に今旅行初のオールロングシートということで、いよいよ旅の雰囲気は薄くなってきたように思います。

 

とはいえ、平日の昼間ですから、乗客の数は多くなく、空いている状態で出発しました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122154658j:plain

f:id:yukimaru192:20201122154722j:plain

f:id:yukimaru192:20201122154756j:plain

f:id:yukimaru192:20201122154819j:plain

最初の岩手・宮城県境のトンネルをくぐると、あとはひたすら田園地帯を快走していきます。

 

単調な景色が続き、駅に着いても静寂な時が流れていく。

 

まさに睡眠に打ってつけの環境です。

 

けれども、どういうわけか眠くなることはないまま、11時27分、小牛田駅に到着です。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122155352j:plain

f:id:yukimaru192:20201122155438j:plain

続いて11時40分発の仙台行き普通列車です。

 

こちらは4両編成で、4人がけボックス席が中心の車両です。

 

ちょうど1番線から11時34分発、陸羽東線鳴子温泉行きが、

 

続いて、4番線から11時36分発、石巻線女川行きの列車がそれぞれ出発していきました。

 

3線の乗り換えができ、かつ割と近い時刻に出発というのは、よく考えられたダイヤ編成だなと感心します。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122160118j:plain

f:id:yukimaru192:20201122160153j:plain

f:id:yukimaru192:20201122160453j:plain

松島駅まではこれまでと同じ田園地帯ですが、そこから先の塩釜駅までは、東北本線の中でも数少ない海沿いを走ります。

 

といっても、トンネルの多い区間ですから、海(松島)が見られるのは僅かです。

 

2年前に乗車した仙石線も並行しています。

 

塩釜からは住宅街や田園地帯に戻り、乗客も増えていきました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122160601j:plain

12時27分、仙台駅に到着です。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201122160645j:plain

f:id:yukimaru192:20201122160709j:plain

あとは東北新幹線北陸新幹線で帰るだけです。(続く)

大船渡線(気仙沼~一ノ関)

気仙沼から仙台へ鉄道で行く場合、大きく2つのルートがあって、1つは気仙沼線(BRT)で柳津、前谷地、小牛田を出て、東北本線で仙台行くルート。

 

これは2年半前に乗車済みです。

 

yukimaru192.hatenablog.com

 

今回はもう1つのルート、大船渡線に乗って一ノ関まで出て、東北本線に乗り換え、仙台に行きたいと思います。

 

このルートも3年前の夏に乗車済みですが、当ブログはおろか写真すら残していないので、こちらにします。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119110100j:plain

4番線に停車しているのが、9時14分発、一ノ関行きの列車です。

 

2両編成のワンマン列車。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119110220j:plain

ガラガラの車内ですから、席は自由に選べました。

 

出発が近づくにつれ、乗客が増えてきましたが、密になるほどのものでもありませんでした。

 

 

 

 

鉄道線としての大船渡線は、東日本大震災以降、気仙沼と一ノ関を結ぶだけになりました。

 

路線長は62.0km。

 

当列車は一ノ関着が10時33分ですので、1時間19分かかっています。

 

当路線は「ドラゴンレール大船渡線」という格好いい愛称が付いていますが、これは路線図が竜の形に見えるからだそうです。

 

しかし、その実態は途中の千厩(せんまや)から陸中門崎までそのまま直進せず、摺沢(すりさわ)や猊鼻渓(げいびけい)などを通るために迂回しているのであって、俗に「政治路線」の代表格として言われています。

 

だから、気仙沼から一ノ関へは車の方が圧倒的に便利で、これから仙台へ行くにしても、バスを使った方がよりリーズナブルなのです。

 

道楽の領域だから、べつに鉄道を使っても、私としては1つも無駄とは感じません。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119111449j:plain

f:id:yukimaru192:20201119111521j:plain

列車は気仙沼線BRTと分かれ、さっそく山の中へと入ります。

 

この最初の区間が最も民家が少ないように思われます。

 

残念ながら、窓ガラスが曇っているうえに、天気も好ましくなく、レーダーを見ると雨も降っているとあります。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119111816j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112057j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112126j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112156j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112225j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112253j:plain

新月から土地が少し開け、大船渡線は進行方向左側の縁に沿って進みます。

 

速度はゆっくりで、眠くなってきます。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119112439j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112506j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112530j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112558j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112647j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112718j:plain

f:id:yukimaru192:20201119112758j:plain

摺沢や猊鼻渓は民家が密集していて、それなりに人口があるようですね。

 

「政治路線」と揶揄されつつも、地域の足を運ぶ役割はまだまだありそうです。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201119113037j:plain

f:id:yukimaru192:20201119113134j:plain

f:id:yukimaru192:20201119113230j:plain

10時33分、一ノ関駅に終着です。

次は東北本線に乗り換えます。(続く)

大船渡線BRT(長部~気仙沼)

10月6日(火)。

 

この日は朝6時に起き、6時半に朝食をとりました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118143017j:plain

昨晩の夕食とは違い、こちらはほどほどのボリュームでした。

 

私は家では基本的に洋食派ですが、旅館や民宿で出される和食も好きです。

 

しっかり食べて元気になりました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118143411j:plain

f:id:yukimaru192:20201118143442j:plain

f:id:yukimaru192:20201118143505j:plain

午前8時過ぎに宿を出発。

 

天気の女神の微笑とは移ろいやすいらしく、今朝は予報とは違って曇り空でした。

 

今日は長部からバスと鉄道をひたすら乗り継いで富山の自宅に帰るだけです。

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118143708j:plain

長部8時24分発、気仙沼行きのバスは1分ほど遅れてやってきました。

 

道路事情に左右されやすいバスですが、この時点ではそれほど渋滞していないと思われます。

 

車内も空いていて、窓側に座ることができました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118143915j:plain

宮城県気仙沼市に入り、唐桑大沢を過ぎると、バスは三陸自動車道に入ってすぐに霧立トンネルを抜けます。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118144337j:plain

f:id:yukimaru192:20201118144400j:plain

鹿折唐桑から先は再びBRT専用道に入り、しばらくして気仙沼駅に到着。

 

渋滞に巻き込まれずに済みましたので、遅れることはありませんでした。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201118144727j:plain

駅にはポケットモンスターピカチュウの像が設置されています。

 

大船渡線には「ポケモントレイン気仙沼号」という臨時列車が走っており、そのシンボルなのでしょう。

 

 

 

 

さて、実は当駅からもう1つBRTがあり、これは上鹿折方面に向かっています。

 

来たからには乗りたかったのですが、あいにく11時42分発までなく、そこまで待つわけにはいきませんので、断念します。

 

もっとも、今は鉄道扱いではありませんし、当路線だけ紙の時刻表にも載っていませんから、個人的には乗らなくても許容できるかなと思います。(時刻表はJR東日本のホームページには載っている)

 

このまま9時14分発、一ノ関行きの普通列車に乗り継ぎます。(続く)

陸前高田2(長部)

f:id:yukimaru192:20201112143415j:plain

f:id:yukimaru192:20201112143551j:plain

16時47分発、気仙沼行きのバスで宿へ向かいます。

 

昼間に乗った気仙沼行きの混雑具合とは打って変わって、ガラガラでした。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201112143659j:plain

f:id:yukimaru192:20201112143904j:plain

海沿いを走ること5分、長部駅(停留所)で下車です。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201112144111j:plain

f:id:yukimaru192:20201112144138j:plain

長部は旧大船渡線(鉄道線)にはなかった駅であり、新設されました。

 

路線バスの上双六停留所と合わせて、この辺りの住民にとって利便性はアップしたのでしょうね。

 

ここから気仙沼方面にさらに歩いて行きます。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201112144608j:plain

沿道に秋桜が咲き乱れています。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201112144657j:plain

f:id:yukimaru192:20201112144720j:plain

午後5時を過ぎ、日はすっかり山の中へ隠れてしまいましたが、まだ明るさはあります。

 

車の交通量は多いものの、やはり歩いている人は私以外に見当たりません。

 

あとはどこからか子ども達の遊ぶ声が聞こえるぐらいです。

 

 

 

 

駅から歩くこと15分、ようやく宿に到着しました。

 

玄関を通り、中で検温。

 

平熱でしたので宿泊OKとなりましたが、もし規定の数値を超えていたら、今晩は野宿する羽目になったのかもしれません。

 

安堵しつつも、2階の部屋に通され、しばしくつろぎます。

 

事前にネットの予約状況によれば、今は2組しか予約が取れないらしく、この日の宿泊者は私1人だけでした。

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201112145217j:plain

午後6時半にお待ちかねの夕食。

 

写真だとサイズが小さく見えますが、地元三陸でとれた魚料理がこれでもかと並び、2人前かと思わされるボリュームです。

 

味付けは決して濃くなく、1つ1つが食べやすい。

 

お刺身も新鮮そのもの。

 

どれも心のこもった料理で嬉しいですが、いかんせん量が多く、食いしん坊の私でも全部食べ切るのに1時間かかりました。

 

ご飯もお櫃に入った分は全部食べ切りましたが、これはおかずの量が多すぎて、ご飯もそれに合わせた結果です。

 

できれば宿の方ともお話ができたらよかったのですが、こういう状況ですから、難しいですね。

 

午後11時に消灯。

 

明日(10月6日)は富山に帰ります。(続く)

陸前高田1(奇跡の一本松)

f:id:yukimaru192:20201108151558j:plain

f:id:yukimaru192:20201108151627j:plain

f:id:yukimaru192:20201108151701j:plain

14時53分、再び陸前高田駅に戻り、市内の象徴(シンボル)である「奇跡の一本松」を見に行きます。

 

最寄りの駅は1つ隣であり、バスも15時11分と接続は悪くありませんが、地図を見ると、ここからおよそ1kmの道のりであり、バスに乗るより歩いた方が早いかもしれません。

 

幸い、好天になってきたので、歩きながら街並みの様子も見てみましょう。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108152352j:plain

f:id:yukimaru192:20201108152435j:plain

f:id:yukimaru192:20201108152511j:plain

道路幅は広いですが、交通量が少ないです。

 

効率性を考えれば、もっと狭くてもよさそうですが、津波で避難することを思えば、広めに造っておいた方が良いのでしょうね。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108152803j:plain

f:id:yukimaru192:20201108152905j:plain

真っ直ぐ行った突き当りに総合運動公園が見えます。

 

やはりこの道は避難路として整備されたんですね。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108153113j:plain

f:id:yukimaru192:20201108153431j:plain

f:id:yukimaru192:20201108153507j:plain

f:id:yukimaru192:20201108153543j:plain

およそ25分ほど歩いて、「高田松原津波復興祈念公園」に着きました。

 

道の駅「高田松原」や東日本大震災津波伝承館、そして奇跡の一本松が集約されています。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108154227j:plain

f:id:yukimaru192:20201108154254j:plain

昨年に整備されたばかりで、敷地内は綺麗です。

 

献花台もあり、手を合わせて先に進みます。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108154809j:plain

f:id:yukimaru192:20201108154837j:plain

f:id:yukimaru192:20201108154454j:plain

堤を上がるとまた献花台があり、その先は広田湾が一望できます。

 

穏やかな湾で、9年弱前にあんな凄惨なことが起こるなんて信じられません。

 

自然は人間の想像よりはるかに上回るんですね。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108154933j:plain

右手にまるで天まで伸びているような一本松が見え、「奇跡の一本松」です。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108160219j:plain

f:id:yukimaru192:20201108155145j:plain

元々、この辺りは「松原」と言われるほどビッシリと松が生い茂っていたそうです。

 

それが津波でことごとく流され、この松だけが奇跡的に残ったというわけです。

 

しかし、この松も根が腐食し枯死してしまいました。

 

防腐処理などが施されていますが、原木のままではないのが残念です。

 

とはいえ、やはり街のシンボルとして、そして何よりも津波復興への希望として、多くの観光客に感動を与えているのですから、いろいろな意見はありますが、個人的には残しておいてよかったなと思います。

 

一本松の背後に、かつての道の駅の建物がボロボロの状態で残っており、やはり津波の恐ろしさを物語ってくれます。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108160310j:plain

f:id:yukimaru192:20201108160335j:plain

f:id:yukimaru192:20201108160411j:plain

道の駅に戻り、中でお土産を買いました。

 

ゆずが特産品とは知りませんでした。

 

職場には味噌まんじゅうを買いました。

 

味噌も陸前高田の特産品です。

 

あと日本酒は「酔仙」。

 

自宅に帰って飲んでみたら、口当たりがよくて美味しかったです。

 

 

 

 

次のバスまでまだ40分ほど時間がありましたので、隣に併設されている「東日本大震災津波伝承館」に入りました。

 

修学旅行で来たと思われる中学生一行がガイドさんに従って説明を聞いていました。

 

私は8分ほどの映像を見ましたが、津波の衝撃的な映像は今でも心を痛めます。

 

当時、北海道の釧路空港のテレビで見ていましたが、個人的にはあの時を思い起こさせます。

 

yukimaru192.hatenablog.com

 

 

 

のちに職場のパートさんから聞いた話では、あの時の映像もだいぶ編集されていたみたいで、放送ギリギリのところをテレビに流したそうです。

 

そのままではとても流せるものではなく、あまりの凄惨な内容に体調を崩した人も出たのだとか。

 

当館の映像もかなり配慮して流しているのでしょうけど、地元の人達にとっては辛いでしょう。

 

防災については、もう少し自分事として考えなければいけないなと思わされました。

 

個人的には、広島の原爆ドーム、沖縄のひめゆりの塔と同じぐらい、観光客にはぜひ見てほしい所だなと思いました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20201108162511j:plain

f:id:yukimaru192:20201108162541j:plain

外は暮れようとしており、風が冷たくなってきました。

 

今宵の宿へと向かいます。(続く)