ゆき丸の鉄道日記

鉄道旅行や雑記を綴ります。

台風19号と富山地方鉄道

台風19号が列島を襲った10月12日(土)。

 

この日、私は出勤日のはずでしたが、最寄駅にて常願寺川橋梁で規制値を超える強風が吹いたとのことで、一時運転見合わせ。

 

これで出勤する意欲がなくなり、家に戻って事業所に連絡し、お休みをいただきました。

 

もちろん、前日に上司から「明日は職員の数も足りてるし、無理に来なくていいよ」と言われていたので、合意の上でのお休みです。

 

 

 

 

 

さて、昼頃から風が急激に強くなり、いよいよだなと心していた時。

 

いつも利用するあいの風とやま鉄道は、午前中ほぼ通常運行していたのが、午後になると、ポツポツと遅れが出てきました。

 

そして夕方には予めホームページで発表されていた通り、運転取り止めとなりました。

 

北陸新幹線も午前11時頃をもって計画運休。

 

JR高山本線城端線氷見線えちごトキめき鉄道は言うに及ばず、運転取り止め。

 

私鉄では万葉線も運休になりました。

 

 

 

 

 

その中で、富山ライトレール富山地方鉄道地鉄)がなぜか通常運行。。。

 

ライトレールと地鉄の市電は、路面電車なので運行するのはまだ分かりますが、地鉄の鉄道線(本線、立山線、不二越線)が普段通りに運行しているのは驚きました。

 

上滝線だけは倒木の影響で一時途中で折り返し運転をしていましたが、それでも午後8時半には運転を再開し、やはり通常運行

 

実際、私は午後8時台と9時台の列車が、暴風で吹き荒れていたにもかかわらず、(数分遅れてはいたものの)通常通りのスピードで走って行く姿を見ました。

(しかも走っていた車両が、地鉄線の中で最も軽量なステンレスタイプ。)

 

 

 

 

 

こう書くと、地鉄線には頑丈な設備が整っているのかと思われがちですが、決してそんなことはなく、むしろあいの風とやま鉄道(旧北陸本線)に比べて貧弱です。

 

常願寺川や早月川、片貝・布施川に架かる橋梁も古く、しかも防風柵もありません。

 

なぜ、風に強いのかと考えてみると、やはり冬の吹雪を経験しているからなのでしょうか。

 

厳しい冬の修羅場をくぐってきたからこそ、経験で運行しているのか。。。

 

ま、本当のところは分かりませんね。

 

地球史上最大規模と言われた台風にもかかわらず、普段通りに走っている地鉄線は地球史上最強路線なのかと思う一方で、そもそも運行して本当に大丈夫なのかと心配にもなりました。

 

あの時は運休しても、誰も文句は言わなかったと思いますし、何より事故が恐い。

『天気の子』、富岩運河環水公園

消費税が10%に改定された10月1日(火)。

 

仕事が休みだった私は、前々から観たいと思っていた映画、新海誠『天気の子』を観に行きました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020121911j:plain

この日はちょうど「映画の日」とかで、通常料金が1800円のところ、1200円で観ることができました。

 

内容については、前作『君の名は。』と同様、綺麗な映像とベタベタの展開は変わらず。

 

そして、『君の名は。』でも思ったことですが、対比構造がやたらに多く感じました。

 

『天気の子』で言えば、

 

①男女の心理的距離の遠近感

②雨と晴れ

③地上と空の世界

④未成年と成人の価値観

⑤闇と光

⑥不自由(地方:離島)と自由(東京)

 

あたりでしょうか。

 

これらの対比構造を各登場人物たちが行ったり来たりしているように感じました。

 

そう見たときに、個人的に一番魅力的に思えた人物は須賀圭介。

 

彼はとくに④の揺れ動きが激しく、どっちに行くのかなと興味津々でした。

 

あ、ちなみに個人的趣味である鉄道描写は今回もばっちり出ていました。

 

舞台が東京ばかりなので、東京の鉄道しか出てこなかったのが残念でしたが、山手線の田端、池袋、新宿、代々木が出ていました(他にもあったかも?)

 

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020124019j:plain

映画を見終わった後は富山駅に戻り、富山ライトレールに乗っていつもの富岩運河環水公園を散歩しに行きます。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020124140j:plain

ライトレールと市電をつなぐ南北接続工事は順調に進んでいるようです。

 

来年(2020年)の3月21日(土)に開通する見通しだということです。

 

接続した暁には、富山ライトレールは市電を運営している富山地方鉄道に統合されるそうで、およそ70年ぶりに地鉄に帰ってきたことになります。

 

ライトレール、市電ともに地鉄になるので、運賃は大人210円均一になるそうです。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020124904j:plain

この南北接続工事の影響で、ライトレール線の富山駅北の停留場が道路を挟んだ向こう側(オーバード・ホール前)に移設されました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020125237j:plain

f:id:yukimaru192:20191020125256j:plain

ライトレール線はいつ乗りに行ってもたくさんの乗客で賑わっています。

 

 

f:id:yukimaru192:20191020125355j:plain

越中中島駅で下車。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020125426j:plain

歩いて10分ぐらいで中島閘門に着きました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020125504j:plain

f:id:yukimaru192:20191020125518j:plain

f:id:yukimaru192:20191020125558j:plain

黄花コスモスや彼岸花が咲き乱れており、秋を感じさせます。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020125823j:plain

f:id:yukimaru192:20191020125841j:plain

f:id:yukimaru192:20191020125852j:plain

10月とはいえ、まだまだ日差しが強く、気温も25℃と夏日。

 

水筒に入っている水をぐびぐび飲まないと厳しいですね。

 

こんな時でも、富山マラソンに向けてでしょう、マラソンランナーが走っている姿を見ると、体力のない私は凄いなぁと尊敬します。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130300j:plain

f:id:yukimaru192:20191020130311j:plain

葉っぱも色づいてきました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130345j:plain

f:id:yukimaru192:20191020130401j:plain

少し汗が流れながらも、環水公園に着きました。

 

晴れているけれど、山の方は雲で隠れてしまいましたね。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130509j:plain

せっかくなので、スタバに入っておやつタイムにします。

 

何気に初めて入ります。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130605j:plain

見晴らしはさすがですが、午後は西日が強いですね。

 

窓際にいると暑くて仕方がなく、日が当たる方はカーテンで閉めているほど。

 

うーむむ、「世界で最も美しい景色」と噂されていただけあって、これは落とし穴でした。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130851j:plain

アイスコーヒーとアップルシナモンのマフィンをいただきました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191020130958j:plain

f:id:yukimaru192:20191020130927j:plain

おやつを済ませた後は、富山駅へ戻ります。

 

『天気の子』で東京が水没するほどの雨が続いていた映像とは関係なしの、いいお天気でした。

 

まさかこの後、各地で現実になろうとは知らずに。

ラストラン(東武日光線・伊勢崎線)

東京研修が終わった後の9月某日。

 

この日、私の友人の親父さんが東武鉄道車掌の退職(再雇用)を迎えるということで、そのラストランへ行ってきました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191016101949j:plain

f:id:yukimaru192:20191016102008j:plain

東武日光線南栗橋駅発、中目黒行きの普通列車です。

 

東武鉄道最新型の車両ですね。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191016102203j:plain

ラストランに駆けつけたのは私のほか、友人とその家族、学生時代の同級生です。

 

最後尾に乗車しつつも、出発時刻までの間、親父さんと談笑。

 

ベテランの余裕がうかがえます。

 

親父さんが乗務するのは途中の北春日部駅までなので、我々もそこまで同行します。

 

 

 

 

 

電車はゆっくり出発すると、のどかな田園地帯を快走し、幸手杉戸高野台東武動物公園と停車していきます。

 

ドアの開け閉めや車内放送はお手のもので、特にドアを閉めた後の指差し確認を見ると、やっぱり鉄道マンは格好いいなと思いました。

 

東武動物公園駅で急行列車との待ち合わせ。

 

その間、元助役さんが退職祝いに来てくれました。

 

 

 

 

姫宮を過ぎ、北春日部駅に到着。

 

 

f:id:yukimaru192:20191016103416j:plain

ホームに降り立つと、数名の社員が「ご苦労様でした」と労ってくれました。

 

この駅でも列車の通過待ちがあるため、わずかな停車時間にみんなで車両をバックに記念撮影をしました。

 

 

 

 

 

その後、親父さんといったん別れ、我々は友人宅にお邪魔し、バーベキューを開きました。

 

親父さんの退職祝いなのに、ご馳走になってばかりで申し訳なかったのですが、お祝いの品も渡したので、これでいいでしょう。

 

勤続30年以上、最後の働く姿は改めて格好いいなと思いました。

東京研修

9月9日(月)から13日(金)までの5日間、東京で会社の研修がありました。

 

富山からでは当日中に行くことはできないので、前日に北陸新幹線に乗って埼玉の実家へと向かいました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191014152604j:plain

f:id:yukimaru192:20191014152617j:plain

大宮駅に着き、在来線を乗り継いで実家に到着。

 

本当はいろんな路線にも乗りたかったのですが、台風15号が来るということで止めました。

 

 

 

 

で、翌日。

 

深夜に荒れ狂うような天候が怒涛のように過ぎ去ったようで、空は明るかったけれど、強い残り風が吹きつけていました。

 

テレビを付けると、やはり台風関連のニュースばかりで、鉄道や空の便が軒並みストップしていると報じられていました。

 

JR東日本の運転再開の知らせ方がまずく、午前8時に再開すると言いながら、9時、10時といつまで経っても運行される気配すらありませんでした。

 

そんなこともあって、駅によっては入場制限をかけている所もあり、中には津田沼駅のように通勤客が1kmにわたって列をつくるという光景も見ました。

 

 

 

 

 

さて、私はといえば、研修初日の出勤時刻が午後1時と遅く、研修先まで1時間弱かかるので、多少の遅れを見込んで午前11時半に家を出発しました。

 

利用する路線が武蔵野線で、どういうわけかテレビで運行情報について報じられず、またJRホームページにはアクセスが殺到してつながりにくい状態でしたから、はたして運行されているのか分からないまま最寄り駅に行ってみました。

 

駅にはやはり通勤客でごった返していて、電光掲示板には何も表示されていません。

 

駅の構内放送で30分後にやってくるとのことで、これは待っていても乗れるかどうか怪しい。

 

研修先に電話して、2時間遅らせてもらうようお願いをしました。

 

非常事態ということは向こうも理解しているので、「気を付けてくださいね」と担当者が優しく言ってくれました。

 

いったん家に戻って昼食をとり、午後1時半に再び最寄り駅に行くと、ホームにはまばらな乗客数でした。

 

 

 

 

 

午後3時前に研修先に着き、遅れたことに対して申し訳なさそうに入室しましたが、私よりさらに30分遅れて別の研修生が入ってきました。

 

この研修生は千葉から来たそうで、電車が全然動いていなくて途方に暮れていたところ、上司が車でここまで送ってくれたとのことでした。

 

のちに、この研修生の自宅は3日間停電と断水をくらって、暑い中、大変だったと聞きました。

 

 

 

 

 

研修自体は初日の台風によるトラブル以外は円滑に進み、無事修了しました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191014154634j:plain

f:id:yukimaru192:20191014154644j:plain

その東京研修の通勤中に、中央線であまり見かけない車両に遭遇しました。

 

車内放送もいつもは自動放送が流れるところ、この車両は車掌による肉声放送で、少し前に国鉄型の電車に乗った頃を思い出し、懐かしい感じがしました。

 

ま、座席は石のように固かったけど。

 

それから、この車両ではありませんが、いつの間にか一部の車両にトイレも設置されているのも見かけました。

 

しばらく見ないうちに、ずいぶん変わったものだなと思いました。

鞍馬山鋼索鉄道、鞍馬寺

f:id:yukimaru192:20191013103244j:plain

叡山線の鞍馬駅からケーブルカーの乗り場を目指します。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013103413j:plain

f:id:yukimaru192:20191013103447j:plain

5分ほど歩くと、鞍馬寺の入り口が見え、その境内の中にケーブルカーの山門駅があります。

 

「普明殿」という看板を掲げた仏堂が駅舎を兼ねています。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013103837j:plain

自動券売機で「御寄進票」を買います。

 

これがきっぷの代わりです。

 

当路線は鉄道会社ではなく、宗教法人が運営しているのです。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013104502j:plain

鞍馬山鋼索鉄道は、山門駅と多塔宝を結ぶ全長0.2kmしかない短いケーブルカー路線です。

 

私は叡山線の鞍馬までは乗ったことがありましたが、このケーブルカーは初乗車です。

 

なぜこのケーブルカーに乗らなかったのかといえば、そもそもこの路線の存在を知らなかったから。

 

それもそのはず、JRの時刻表に当路線が載っていませんから、見逃すのも無理はありません。

 

昨年に台風21号による被災で、このケーブルカーがあることを知り、いつか乗りに行こうと機会をうかがっていたのですが、今回ようやく乗れる運びとなりました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013105430j:plain

f:id:yukimaru192:20191013105445j:plain

f:id:yukimaru192:20191013105459j:plain

後方から見てみると、レールが通常の茶色いものではなく、ガイドウェイに近いタイプのものなんですね。

 

途中に行き違い設備はなく、この車両が行ったり来たりしているだけです。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013105858j:plain

わずか2分ほどの乗車で、多塔宝駅に着きました。

 

 

f:id:yukimaru192:20191013105956j:plain

谷側の木々が一部倒れたままの状態ですが、参道は整備されています。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013110157j:plain

15分弱歩いて、本堂に着きました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013111503j:plain

f:id:yukimaru192:20191013111527j:plain

f:id:yukimaru192:20191013111559j:plain

f:id:yukimaru192:20191013111624j:plain

京都の市街地から少し離れただけでこれほど山深いのは、昨年ほぼ同じ時期に行った東京の高尾山と重なります。

 

しかも霧雲に覆われている点も似ている。。。

 

 

 

 

私は信心深くないし、雨も降りそうだったので、10分ほど滞在しただけで下山しました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013111935j:plain

鞍馬寺の入り口付近にある土産物屋も兼ねたお店で昼食をいただきました。

 

鞍馬山ラーメン」という山椒が効いたラーメンで、さほど辛くはなく香りを楽しめました。

 

少し蒸し暑かったので、冷えたお茶でのどが潤いました。

 

 

 

 

帰りは叡山線には乗らず、ちょうど国際会館駅行きのバスがありましたので、それに乗りました。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013112430j:plain

f:id:yukimaru192:20191013112500j:plain

f:id:yukimaru192:20191013112523j:plain

30分ほどの乗車で国際会館駅に着き、ここから京都市営地下鉄烏丸線に乗車。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191013112614j:plain

京都駅に到着。

 

時刻はまだ午後3時でしたが、だいぶ疲れたので、鉄道旅はここまで。

 

富山の自宅には午後7時半前に着きました。

叡山電鉄鞍馬線

出町柳駅から叡山線で鞍馬駅を目指します。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012082117j:plain

12時15分発、鞍馬行きは「きらら」という展望列車です。

 

これに乗るのは2回目で、窓が大きいので、景色がよく見えるのが良いですね。

 

※初回の乗車記録はこちら 

https://blog.hatena.ne.jp/yukimaru192/yukimaru192.hatenablog.com/edit?entry=26006613420474911

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012082845j:plain

車内が混みあってきて、座っていた私の横に荷物を抱えたおばあちゃんが来たので、席を譲りました。

 

代わりに運転席後ろの「特等位置」に立ち、前面展望を楽しむことにしました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012083305j:plain

f:id:yukimaru192:20191012083348j:plain

残念ながら雨が降ってきて、視界が悪くなりました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012083506j:plain

f:id:yukimaru192:20191012083533j:plain

二軒茶屋駅から先は単線になり、それまで住宅街だったのが山の景色へと変わります。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012084027j:plain

f:id:yukimaru192:20191012084045j:plain

市原から二ノ瀬にかけて、紅葉が林立した「もみじトンネル」を通ります。

 

青々としているけど、これはこれで綺麗だなと思いました。

 

もちろん紅葉の時期になれば、赤や黄の色彩が楽しめるでしょう。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012084833j:plain

f:id:yukimaru192:20191012084858j:plain

f:id:yukimaru192:20191012084917j:plain

鬱蒼とした森の中へ入ってきました。

 

勾配もなかなかきつく、山岳路線って感じです。

 

昨年の台風21号で、鞍馬線全線が運休という憂き目に遭いました。

 

その名残なのか、進行方向左側の山の斜面には倒木が多かったです。

 

線路すれすれまで倒れている木もあったりして、ちょっとでも土砂崩壊が起きれば、即運休のような緊張感があります。

 

その森の中に貴船口駅があり、貴船神社の最寄り駅で、満員状態だった車内で3分の2の乗客が降りて行きました。

 

荷物を抱えたあのおばあちゃんも降りる際に、「どうもありがとうございました」と声をかけてくれました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012084946j:plain

f:id:yukimaru192:20191012090121j:plain

およそ30分の乗車を経て、12時46分、終点の鞍馬駅に到着です。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191012090413j:plain

木造で落ち着いた駅舎ですね。

 

ここから少し歩いてケーブルカーに乗り、さらに鞍馬寺を目指します。(続く)

京阪本線(快速特急「洛楽」:プレミアムカー)

9月1日(日)。

 

妹夫婦の自宅で朝食を御馳走になり、テレビニュースを見てくつろいだ後、午前10時に出発しました。

 

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010124744j:plain

 

淀屋橋駅にやってきました。

 

この日は京阪線で終点の出町柳まで行き、そこから叡山電車に乗り継いで鞍馬へ、さらにケーブルカーで鞍馬寺を目指します。

 

さっそく京阪線ですが、うまいことに11時ちょうど発、快速特急「洛楽」号がありますので、最速達列車であるこれに乗ります。

 

もう1つ、今回せっかく京阪線に乗るなら、2年前に導入された「プレミアムカー」を利用したいと思います。

 

プレミアムカーに乗るには、運賃のほか、500円のプレミアムカー券が必要です。

 

窓口で利用する列車と座席を選び、チケットを発券してもらいました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010124850j:plain

f:id:yukimaru192:20191010123805j:plain

f:id:yukimaru192:20191010124141j:plain

f:id:yukimaru192:20191010124152j:plain

プレミアムカーは6号車に連結され、ここだけカラーリングや扉が他の車両と異なっています。

 

なんとも高級感溢れる外観ですね。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010124347j:plain

車内座席はこのように、1列と2列に分かれて配置されています。

 

座席のグレードで言えば、JR特急列車のグリーン車に相当します。

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010124538j:plain

f:id:yukimaru192:20191010124558j:plain

11時に出発した段階で、乗客数は数名でした。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010124719j:plain

天満橋駅まで地下線を通り、その先で地上に顔を出します。

 

地上に出た途端に、なぜかマンションの壁に小便小僧の絵がありました。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010125303j:plain

座席はゆったりとしていて快適ですが、惜しいのは、座席と窓の配置が合っていないこと。

 

座席指定は自分で選べるとはいえ、柱で外の景色が見づらいのは欠点ですね。

 

元々あった車両を改造した宿命あるあるです。

 

 

 

 

f:id:yukimaru192:20191010130030j:plain

f:id:yukimaru192:20191010130054j:plain

快速特急は京橋まで各駅に停まり、ここでたくさんの乗客が入ってきました。

 

京橋を出ると七条駅までノンストップです。

 

特急はこれに枚方市、樟葉、中書島丹波橋が加わりますから、快速特急は特急より4駅少ない停車となります。

 

だからさぞかし速いのではと期待したのですが、なにぶん淀屋橋駅で10分前に特急が出発し、どうしても先行する特急に追いついてしまうためか、要所要所で減速を強いられました。

 

 

もちろん京阪本線には特急だけでなく、準急や普通などの種別もあり、しかも11時台から16時台にかけてはパターンダイヤが組まれていますから、なかなかスピードを出せないのでしょう。

 

 

 

 

プレミアムカーには、車内販売サービス(グッズ販売)のほか、電源コンセント、無料Wi-Fiなどのサービスも付いています。

 

これで500円はなかなかお値打ち価格だと思います。

 

ただし、トイレは付いていないので、事前に済ませておく必要があります。

 

50分の乗車で、11時50分、終点の出町柳駅に到着。

 

次は叡山線です。(続く)